びわの木サポーター | 出島福祉村

福祉社会の夜明けを目指して

びわの木サポーター | 出島福祉村

社会福祉法人 出島福祉村の池田です。

私は、長崎で約40年間建築設計分野においてまちづくりに携わってきました。
2000年頃、障がいを持った人たちを支援する仕事を受け、障がい者の人たちとの出会いがあり、これを機に社会福祉法人出島福祉村を設立しました。
しかし、約20年の道のりは簡単ではありませんでした。

障がい者を取り巻く環境は厳しく、「人生と世代に沿った支援の必要性」、「障がい者を満足させることができる社会の構築」、「見守る家族がいなくなった後でも安心して暮らしていける制度の確立」、「家族、支援者の負担軽減と職員の待遇改善」、「行政や個人ボランティアの限界を補う仕組みづくりの整備」など多くの課題を抱えております。

以上のような現実を改革していくためには、自立する仕組みづくりを早急に構築する必要があります。
大事なことは、社会全体が障がい者の人たち、その家族の人たちの現実をご理解いただき、多くの人たちが多様なかたちで参加して、障がい者の人たちが安心して生きていける社会をつくることが重要であります。

出島福祉村は、長崎特産のびわを中心とした農業をベースとして、障がい者の人たちが自立でき、社会参加して、生きがいのある人生が送れるモデルケースを目指しています。

どうか、このような取り組みをご理解いただき、ご協力、ご支援賜りますようよろしくお願いいたします。

社会福祉法人 出島福祉村 理事長 池田賢一

びわの木サポーター事務局

事務局 社会福祉法人 出島福祉村
理事長 池田賢一
電話 095-842-8220
FAX 095-842-8230
所在地 〒852-8106 長崎県長崎市岩川町2-3-5F
お問合せ受付時間 月曜~金曜日
9:00~18:00
休日 土・日曜日・祝日
運営施設 ・就労継続支援B型事業「三和ゆめランド」
・老人デイサービス事業「浦上駅前デイサービスセンター」
・放課後等デイサービス事業「うらかみえきまえ」「みなみやまて」「いわかわ」
・就労継続支援A型事業「三和の杜」
・就労継続支援B型事業「KIZUNA cafe」
SNS
instagram blog